ユーザ用ツール

  • ようこそ: --- (---)

サイト用ツール


start

農研機構 メッシュ農業気象データシステム

メッシュ農業気象データシステムシンボルマーク2.png 農研機構メッシュ農業気象データ(The Agro-Meteorological Grid Square Data, NARO)は、気象情報が農業現場で有効に活用されることを目指して、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が開発・運用する気象データサービスです。全国の日別気象データを、約1km四方(基準地域メッシュ)を単位にオンデマンドで提供します。提供する気象要素は14種類で、提供可能な期間は1980年(一部2008年)1月1日から現在までのデータだけでなく、1年後の12月31日までの未来のデータもシームレスに得られるところが大きな特徴です。

メッシュ農業気象データについて詳しく知りたい
   (気象要素更新頻度地理情報過去の配信データ再現気候変化シナリオ

メッシュ農業気象データを利用したい

関連資料・マニュアルを知りたい

登録利用者専用ぺージ(ログインしないと進めません)
    利用者向け情報、利用報告、継続申請、パスワード再発行等へも、利用者ホームページにログインして進んでください。


メッシュ農業気象データ配信サーバが変更となります

システムの移行については、手順を再検討し2段階で行うことなりました。これにより、以下については、7月以降も、当面、現状通りの方法で利用できます。

 1. ID・パスワード
 2. データ配信サーバーのURL
 3. Excelツール、モバイルアプリ
 4. メッシュ農業気象データのホームページのURL
 5. 利用申請・審査の方法

 一方、以下については移行に伴い影響が生じますのでご対応をお願いします。

 1. AMD_Tools
   旧版では時別データを取得したときに不具合が発生します(9時間ずれた値が取得されたり、取得エラーが出ることがあります)。17日(月)以降に登録利用者専用ページに掲載する最新版AMD_Tools4をダウンロードし、21日迄はAMD_Tools3を、22日以降はAMD_Tools4をご利用ください。ご不便を掛けますがどうぞよろしくお願いいたします。

 2. 新規/継続申請の一時的な受付停止
   6月15日から6月22日(予定)まで受け付け停止します。この間に利用期限を迎える利用者で継続を希望する方はお早めに手続をしてください。6月14日までの利用者DBを新しいシステムに移植するため、この間に継続利用申請等を行っても、新しいシステムには反映されませんのでご注意ください。

 3. 気象データの桁数
   データファイル形式の変更(コンパクト化、詳細はこちら)に伴い、データの桁数が短くなります。また、データ配信サーバーのDatasetAccess Form からASCII形式でデータをダウンロードする際に限り、値の換算が必要になります。

 なお、第2段階目のシステム移行においては認証方法を変更します。時期については、現時点では来年度と見込んでいます。準備が整い次第、改めてご案内いたします。


運用情報・新着情報

運用情報

  • 2022.7.4
    2022年7月2日未明からの気象庁のアメダスデータ収集不具合に伴い、現在配信しているメッシュ農業気象データの2022/7/2-4の過去値は暫定値です。アメダス観測データの収集が整い次第、7/2以降の過去値を更新いたします。

新着情報

2024.05.22: AMD_Tools3.pyが1次メッシュ区切りファイル対応になりました
 GetMetData、GetGeoData、GetSceData関数について、isTile=True引数を付けても付けなくても、全て1次メッシュ区切りファイルから取得するよう修正しました。登録利用者専用ページから再度ダウンロードください。

2024.04.02: メッシュ農業気象データ利用講習会募集開始
 Python(初・中級者向け)による利用に特化した講習会です。詳細は募集ページをご覧ください。 筑波産学連携支援センタートップページ(受付は終了しました)

2024.02.26: 相対湿度(RH)と下向き長波放射量(DLR)の時別値の過去値を追加しました。 
 相対湿度(RH)と下向き長波放射量(DLR)の時別値について、2008年1月1日からのデータが利用できるようになりました。

2024.02.26: 時別値の修正を完了しました。
 2月20日にアナウンスした時別値の一部データ欠損にについて、修正を完了しました。

2024.02.20: 時別値に無効値が含まれる日があります。
 時別値の過去データに、値が無い(無効値となっている)日があることを確認しました。現在判明しているところでは、2003/10/19、2007/10/12、2016/02/02、2016/2/10、2016/4/6、2016/7/12です。また、12月31日24時(1月1日0時)のデータについては、多くの年で値が無い(無効値となっている)場合があります。順次値を更新していきます。完了次第報告します。

2024.02.20: 時別値の異常値を修正しました
 2023年の時別値に異常値が含まれていました。異常値を含んでいたのは 6/2、6/23-6/28、8/18、9/22-29で、全域が対象です。値は2月1日に修正済みです。それ以前にデータ取得した場合は、再取得をお願いします。報告が遅くなり済みませんでした。

2024.02.01: 日別値(解析雨量)の計算方法を変更しました
 これまで毎30分毎データ48個を使用していましたが、毎正時データ24個のみを使用する方法に変更しました。2024年1月31日のデータからこの方法が適用されています。なお、この変更に伴う遡っての再計算は行いません。

2024.01.24: 日別値(日照時間、日射量)2018年の一部データを修正しました
 利用者の方からの御指摘により、旭川周辺で異常値となっていることが明らかになりました。修正した日は、2018年3月23、26、27日です。御指摘、ありがとうございました。

2023.06.01: 時別値に対応したExcelモジュールを公開
 従来の日別値取得機能に、時別値の取得機能を追加したものです。これまでのモジュールを利用したエクセルファイルに対しても、日別値の取得設定はそのまま利用可能で、さらに時別値の取得設定を追加可能です(上位互換)。

2023.05.23: 時別値(気温)2019年の一部データを修正しました
 利用者の方からの御指摘により、観測値が正常に反映されていない期間があることが明らかになりました。修正した期間は、2019年6月27日01T-6月28日24T(TMP)です。御指摘、ありがとうございました。

2023.05.19: 時別値(下向き長波放射)公開
 2023年1月1日からのデータが利用可能です(取得要素名は DLR)。利用する場合は、AMD_Tools3を最新のものに更新してください。

2023.04.05: メッシュ農業気象データ利用講習会募集開始
 オンラインにて開催します。詳細は募集ページをご覧ください。 筑波産学連携支援センタートップページ(受付は終了しました)

2023.01.18: 年度末利用報告・継続利用申請はお早めに
 年度末が利用期限の皆様は、利用報告および継続利用申請をお早目にお願いします(毎年、3月31日ギリギリの申請により、継続利用申請審査が間に合わない例が多数あります)。 1件1件利用報告を確認し、利用目的を勘案した上で継続利用申請審査を行っています。負担軽減のため、ご協力をよろしくお願いします。

2022.12.22: 日別値2021、2022、2023年の平年値、および2023年の平年値を含むデータを修正しました
 利用者の方からの御指摘により、NetCDFファイルの緯度経度の精度の違いにより、特にPythonのツールで表記期間の年を跨いだデータが取得できないことが明らかになりました。このため、修正しました。これにより、2023年の平年値を含む降水量、再解析雨量、最高、平均、最低気温、日射量、日照時間、1mm以上の降水の有無の2023年の値が全て平年値に戻っています。明日のデータ更新で最新の予報値が適用されますので、ご了承ください。

2022.12.14: 日別値(日照時間、日射量)1994年の一部データを修正しました
 利用者の方からの御指摘により、広島周辺で異常値となっていることが明らかになりました。修正した日は、1994年6月16日です。御指摘、ありがとうございました。

2022.12.13: メッシュ農業気象データ利用講習会募集開始
 3年ぶりにオンラインにて開催します。詳細は募集ページをご覧ください。 筑波産学連携支援センタートップページ(受付は終了しました)

2022.11.04: 「メッシュ平年値2020」に準拠するメッシュ農業気象データを修正しました
 利用者の方からの御指摘により、平年値の気温が0℃の際、配信サーバーからの応答に不具合があったため、修正しました。御指摘、ありがとうございました。

2022.10.23: 時別値(湿度)2021年の一部データを修正しました
 利用者の方からの御指摘により、観測値が正常に反映されていない期間があることが明らかになりました。修正した期間は、2021年1月1-31日、10月8-11日、13日、18日、11月3日、11月27日-12月14日です。御指摘、ありがとうございました。

2022.10.21: Python利用環境構築ガイドを掲載しました
 新しいMiniforgeに対応しています。新しく、Jupyterlabのインストールについても追加しました。サンプルプログラムは、登録利用者専用ページにあります。

2022.10.20: 「メッシュ平年値2020」に準拠するメッシュ農業気象データが搭載されました(その2)
 1mm以上の降水の有無についても更新しました。

2022.09.22: 「メッシュ平年値2020」に準拠するメッシュ農業気象データが搭載されました(その1)
 2021年から2023年までの平年値について、これまでの平年値2010(1981-2010年の30年平均値、2011-2020年の平年値として適用)から、平年値2020(1991-2020年までの30年平均値、2021-2030年の平年値として適用)に更新しました。要素は、降水量、日射量、日照時間、平均・最高・最低気温です。一部、陸地が増えています(諫早湾干拓等)。なお、これらの要素の本年の平年値部分(予報値より先、12月31日まで)については、まだ平年値2010のままですのでご注意ください。

2022.04.13: 利用ツール・サンプルプログラムは利用者専用ページに移動しました
 ホームページの再構成に伴い、AMD_ToolsをはじめとするPythonやExcelの利用ツール、サンプルプログラムは、登録利用者専用ページに移動しました。ご了承ください。

2022.04.11: メッシュ農業気象データ利用マニュアルver.5を掲載しました
 時別値に関する記述も追加されました。

2022.03.28: Python利用環境構築ガイドを掲載しました(修正)
 新しいMiniforgeに対応しています。AMD_Tools3.pyは最新版をご利用ください。

2021.12.23: 時別値(湿度)ベータ版公開
 2019年と2020年をベータ版として、利用できるようになっています。(取得要素名は RH)利用する場合は、AMD_Tools3を最新のものに更新してください。

2021.12.14: 時別値(気温)2020年の一部データを修正しました
 利用者の方からの御指摘により、観測値が正常に反映されていない期間があることが明らかになりました。修正した期間は、2020年10月8日01T-10月17日24T(TMP)です。御指摘、ありがとうございました。

→ これ以前の新着情報


よくあるお問い合わせー

  • 利用申請をしたが、審査結果の通知が届かない
    • 新規利用申請の場合、審査に数日かかります。
    • まれに、こちらからの連絡用メールがspam判定されて不達になっている場合もあります。
    • 新規申請から1,2週間程度経っても通知が届かない場合、ログインページの「パスワードをお忘れの方はこちらから」より、登録されたユーザーIDとメールアドレスをご記入ください。すでに利用が許可されている場合は、新しいパスワードの通知が発送されます。
    • (下記の項目もご参照ください)
  • パスワード変更をしたが、新しいパスワードの通知が届かない
    • まれに、こちらからの連絡用メールがspam判定されて不達になっている場合があります。
    • 1~2分してもパスワードを通知するメールが届かない場合は、パスワード変更を再度お試しください。
  • 久しぶりに使おうとしたがログインできない
    • 上記 ログインページ の「パスワードをお忘れの方はこちら」よりお手続きください。
    • 年度をまたいだ場合(または利用期限が切れている場合)は、以下の項目もご参照ください。
  • パスワード再発行画面で該当カウントが見つかりませんでしたと表示される
  • パスワード再発行画面で「ServerError(500)」と表示される
    • お使いのIDとパスワードが無効(有効期限切れ)になっています。
    • 登録時のパスワードは、従来の利用者は年度末(3月31日)、2020年9月7日以降の新規利用者は許可日より1年後まで有効です。
    • この場合は改めて「新規利用登録」をお願いします。その際、以前のIDと同じものはお使いになれません。
    • 年度ごとに利用者ホームページより「利用報告」「継続利用申請」が必要です。次回の期限までにメールでもご案内をお送りしております。忘れずにお手続きをお願いいたします。
  • 利用者ホームページで「ServerError(403)」と表示される
    • ブラウザのキャッシュをクリアするか、または別のブラウザでお試しください。
  • いろいろ試しても、利用者ホームページにアクセスできない
    • 別ブラウザからも、別ネットワークからもアクセスできない場合、パスワードの再発行をお試しください。(パスワードは自動生成なため、WAFの禁止文字列が含まれることがあります)
    • 同じエラー番号でも、画面の違いによって、どの段階で拒絶されたのかが判別できる場合があります。問い合わせの際は、ブラウザのエラー画面をキャプチャーしたものを添付してください()。併せて、アクセスできなかったサイトのURL、おおよその日時もお知らせください。
  • Excelツールで「配信サーバに接続できませんでした」「認証情報が誤っています」と表示される
    • 規定時間内に5回認証に失敗すると、アカウントが1時間ロックされます(Pythonでの接続の場合も同様です)。時間を置いて再度お試しください。

メッシュ農業気象データの利用手続きに関するお問い合わせは<MeshAdmin(at)ml.affrc.go.jp>までお願いいたします。*(at)は@に変換してください。


私たちがメッシュ農業気象データシステムを開発しています

start.txt · 最終更新: 2024/06/12 09:19 by sasaki