ユーザ用ツール

  • ようこそ: --- (---)

サイト用ツール


msexcel

初めて利用される方へ

 メッシュ農業気象データは、データ配信サーバーより提供します。データ配信サーバーは、エクセルやPythonなど、アプリケーションプログラムからのデータリクエストに応答してデータを提供するように設計されており、人間がデータを選択してファイルとしてダウンロードすることは、特殊なケースを除きできません。データ取得用エクセルワークブックは、登録利用者専用ホームページからダウンロードできます。
 メッシュ農業気象データシステムの利用法は、メッシュ農業気象データ利用マニュアル(2017年版)」に詳しく解説されています。このマニュアルは現時点での最新版ですが、2018年4月にデータ配信サーバーが更新されたため、データの取得方法(III-1~III-2 / 8~13ページ)についてはすでに古い内容です。下記の記載や2018年6月に開催されたメッシュ農業気象データ利用講習会のテキストで内容を補ってください。  

表計算シートを用いたデータの取得

データ配信サーバーから直接データを取得できるエクセルは、登録利用者専用Wikiから提供しています。 登録利用者のページへ(ログインが必要です) 

データ配信サーバーにブラウザでしかアクセスできない場合

 職場のネットワーク環境によっては、エクセルやPythonからデータが取得できないことがあります。そのような場合でも、ブラウザからアクセスができればデータのダウンロードが可能です。ここをクリックして、データ配信サーバーの認証画面が表示されるようであれば、以下に示す要領でデータを取得してください。

  1. エクセルファイル データの要素番号.xlsx をダウンロードして開きます。
  2. B40~B43のセルに取得すべきデータの諸元を入力します。
  3. B44のセルをコピーします。
  4. ブラウザの一番上のURL入力ボックスにペーストし、エンターキーを押します。
  5. 認証が求められる場合は、利用者IDとパスワードを入力します。
  6. ファイルを保存します。ダイヤログボックスが開かず、テキスト画面が開いた場合はそこを右クリックし、「名前を付けてページを保存」を選びます。
  7. 保存する際、拡張子(ファイル名の末尾)を「.ascii」から「.csv」に変更します。
  8. これをエクセルで開きます。

 ペーストしたURLをブックマークしておくと、以降、それをクリックするだけで最新のデータが取得できます。


戻る

msexcel.txt · 最終更新: 2018/10/05 03:32 by ohno