ユーザ用ツール

  • ようこそ: --- (---)

サイト用ツール


start

農研機構 メッシュ農業気象データシステム

メッシュ農業気象データシステムシンボルマーク2.png

メッシュ農業気象データシステム(The Agro-Meteorological Grid Square Data, NARO)は、気象情報が農業現場で有効に活用されることを目指して、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が開発・運用する気象データサービスシステムです。全国の日別気象データを、約1km四方(基準地域メッシュ)を単位にオンデマンドで提供することができます。提供可能な気象要素は14種類で、提供可能な期間は1980年(一部2008年)1月1日から現在の1年後の12月31日までです。

メッシュ農業気象データの概要

メッシュ農業気象データシステム利用規約

  1. 農研機構は、農業分野や他の分野における研究・開発・教育・試用を目的とする者に、審査に基づきメッシュ農業気象データ(以下、「このデータ」と呼ぶ。)の利用を許可します。
  2. 特に許可されない限り、このデータを他に転載したり第三者に提供したりすることはできません。
  3. このデータを利用して作成した情報を販売することはできません。
  4. 利用者は、利用期間の終了後、速やかに利用報告をすることとします。
  5. 農研機構は、利用者がこのデータの利用によって生じた結果、ならびに、このデータが利用できないことによって生じた結果について、いかなる責任も負いません。
  6. このデータを利用して得た成果等を公表する場合は、「農研機構メッシュ農業気象データ(The Agro-Meteorological Grid Square Data, NARO)」を利用した旨を明記してください。
  • ホームページを改装しました! トップページ(このページ)が煩雑になったためページを整理しました。サイトマップ(目次) より必要な項目をご確認ください。以前のページは こちら よりご覧になれます。(2019/7/4)


よくあるお問い合わせー

  • 利用申請をしたが、審査結果の通知が届かない
    • 新規利用申請の場合、審査に数日かかります。
    • まれに、こちらからの連絡用メールがspam判定されて不達になっている場合もあります。
    • 新規申請から1,2週間程度経っても通知が届かない場合、ログインページの「パスワードをお忘れの方はこちらから」より、登録されたユーザーIDとメールアドレスをご記入ください。すでに利用が許可されている場合は、新しいパスワードの通知が発送されます。
    • (下記の項目もご参照ください)
  • パスワード変更をしたが、新しいパスワードの通知が届かない
    • まれに、こちらからの連絡用メールがspam判定されて不達になっている場合があります。
    • 1~2分してもパスワードを通知するメールが届かない場合は、パスワード変更を再度お試しください。
  • 久しぶりに使おうとしたがログインできない
    • 上記 ログインページ の「パスワードをお忘れの方はこちら」よりお手続きください。
    • 年度をまたいだ場合は、以下の項目もご参照ください。
  • パスワード再発行画面で該当カウントが見つかりませんでしたと表示される
  • パスワード再発行画面で「ServerError(500)」と表示される
    • お使いのIDとパスワードが無効(有効期限切れ)になっています。
    • 登録時のパスワードは、翌年の3月末まで有効です。
    • この場合は改めて「新規利用登録」をお願いします。その際、以前のIDと同じものはお使いになれません。
    • 年度ごとに利用者ホームページより「利用報告」「継続利用申請」が必要です。次回の期限(年度末)までにメールでもご案内をお送りしております。忘れずにお手続きをお願いいたします。

サイトマップ(目次)

  • 利用やユーザー登録に関すること

運用情報・新着情報

運用情報

  • 現在、通常通り運用しています。

配信サービス

  • 現在、配信サービスは正常です。

データについて

  • 現在、データは正常です。

新着情報

2019.07.04
ホームページを改装しました 以前のトップページは こちら からご覧になれます。

2019.05.10
メッシュ農業気象データ利用講習会(6/27-28)締め切り迫る  メッシュ農業気象データ利用講習会の募集を開始しました。応募締め切りは5月16日(木)です。参加ご希望の方はどうぞお忘れなく。 http://www.affrc.maff.go.jp/tsukuba/top/event/workshop/ws_2019/218ws.html

2019.05.09
Python利用環境構築ガイドを掲載しました  最新版Anaconda3-2019.03(Python3.7)に対応しています。

2019.04.01
メッシュ農業気象データ利用マニュアルVer.4を掲載しました  2018年4月からの新システムに対応したデータ取得方法、コンテンツを掲載しました。なお今回のマニュアルは、「メッシュ農業気象データ利用の手引き(2013年版):Ver.1」、「メッシュ農業気象データ利用マニュアル(2014年版):Ver.2」、「メッシュ農業気象データ利用マニュアル(2017年版):Ver.3」を受けて、Ver.4となっています。

2019.01.09
利用報告を提出してください(利用報告・継続利用申請について)  メッシュ農業気象データの利用期間は利用開始日からその年度末までです。3月31日を超えた時点で皆さんのパスワードは自動的に無効となります。次年度も引き続き利用を希望される方は、2月28日までに今年度の利用報告をしていただいたうえで、継続利用申請をお願いいたします。継続利用の可否については、報告の内容に基づいて判断させていただきます。なお、継続申請件数が多いため、審査に数週間程度お時間をいただきますことをご承知おきください。

ログインページ https://amu.rd.naro.go.jp/auth/  へアクセスし、「利用報告の作成」より、以下の項目について、ご報告をお願いいたします。

  1. 利用目的は研究開発・教育・試用のどれに相当しますか(もし試用の場合は、商用サーバ利用に至らない理由をお書きください)。
  2. 何に関する利用か(水稲、森林、橋梁、など)。
  3. どのような目的か(発育予測、生産量推定、腐食程度推定、など)。
  4. 取り扱ったデータの範囲/地点数やデータ期間はどれくらいだったか。
  5. Pythonで利用したか、Excelで利用したか、それ以外か。
  6. 思った通り利用できたか。
  7. 利用の結果分かったこと(簡単で結構です)。
  8. 感想・要望・問題点など。
  9. 公表物情報(あれば、もし可能であればPDFを添付していただけるととても嬉しいです)。

2月28日までに今年度の利用報告および継続利用申請を出されない場合、3月中に審査が終わらず、4月1日以降継続利用できない可能性があります。お早めにご報告ください。  

→ これ以前の新着情報



私たちがメッシュ農業気象データシステムを開発しています。


メッシュ農業気象データに関するお問い合わせは<MeshAdmin@ml.affrc.go.jp>までお願いいたします。

start.txt · 最終更新: 2019/07/30 10:09 by sayuri