ユーザ用ツール

  • ようこそ: --- (---)

サイト用ツール


oldnews

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
oldnews [2019/06/28 03:08]
sayuri
oldnews [2020/03/10 04:35] (現在)
sasaki
ライン 1: ライン 1:
 + ​2019.05.10\\ **メッシュ農業気象データ利用講習会(6/​27-28)締め切り迫る**  メッシュ農業気象データ利用講習会の募集を開始しました。応募締め切りは5月16日(木)です。参加ご希望の方はどうぞお忘れなく。
 +http://​www.affrc.maff.go.jp/​tsukuba/​top/​event/​workshop/​ws_2019/​218ws.html
 +
 + ​2019.04.01\\ **メッシュ農業気象データ利用マニュアルVer.4を掲載しました**  2018年4月からの新システムに対応したデータ取得方法、コンテンツを掲載しました。なお今回のマニュアルは、「メッシュ農業気象データ利用の手引き(2013年版):Ver.1」、「メッシュ農業気象データ利用マニュアル(2014年版):Ver.2」、「メッシュ農業気象データ利用マニュアル(2017年版):Ver.3」を受けて、Ver.4となっています。
 +
 +<WRAP box round>
 + ​2019.01.09\\ **利用報告を提出してください(利用報告・継続利用申請について)**
 + メッシュ農業気象データの利用期間は利用開始日からその年度末までです。__3月31日を超えた時点で皆さんのパスワードは自動的に無効__となります。次年度も引き続き利用を希望される方は、__2月28日までに今年度の利用報告__をしていただいたうえで、継続利用申請をお願いいたします。継続利用の可否については、報告の内容に基づいて判断させていただきます。なお、継続申請件数が多いため、審査に数週間程度お時間をいただきますことをご承知おきください。\\
 +
 +ログインページ https://​amu.rd.naro.go.jp/​auth/​  へアクセスし、「利用報告の作成」より、以下の項目について、ご報告をお願いいたします。\\
 +
 +  -利用目的は研究開発・教育・試用のどれに相当しますか(もし試用の場合は、商用サーバ利用に至らない理由をお書きください)。
 +  -何に関する利用か(水稲、森林、橋梁、など)。
 +  -どのような目的か(発育予測、生産量推定、腐食程度推定、など)。
 +  -取り扱ったデータの範囲/​地点数やデータ期間はどれくらいだったか。
 +  -Pythonで利用したか、Excelで利用したか、それ以外か。
 +  -思った通り利用できたか。
 +  -利用の結果分かったこと(簡単で結構です)。
 +  - 感想・要望・問題点など。
 +  - 公表物情報(あれば、もし可能であればPDFを添付していただけるととても嬉しいです)。\\
 +
 +2月28日までに今年度の利用報告および継続利用申請を出されない場合、3月中に審査が終わらず、__4月1日以降継続利用できない__可能性があります。お早めにご報告ください。  
 +</​WRAP>​
 +
  ​2018.08.03\\ **下向き長波放射量(DLR)の修正が終了しました**  7月31日に連絡した下向き長波放射量(DLR)の誤りは、全期間(2008年1月1日~1日前)にわたり修正されました。本件、ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。  ​2018.08.03\\ **下向き長波放射量(DLR)の修正が終了しました**  7月31日に連絡した下向き長波放射量(DLR)の誤りは、全期間(2008年1月1日~1日前)にわたり修正されました。本件、ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。
  
oldnews.1561691328.txt.gz · 最終更新: 2019/06/28 03:08 by sayuri