ユーザ用ツール

  • ようこそ: --- (---)

サイト用ツール


py_scenalio

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
py_scenalio [2018/11/12 22:10]
ohno
py_scenalio [2018/11/12 22:11] (現在)
ohno
ライン 18: ライン 18:
         scenam:排出シナリオ等の記号で、'​RCP8.5'​などの文字列で与える         scenam:排出シナリオ等の記号で、'​RCP8.5'​などの文字列で与える
     引数(必要に応じ指定):     引数(必要に応じ指定):
-        cli:True => 平年値が返される。 
-            False => 観測値が返される。 
         namuni:True => 気象要素の正式名称と単位を取り出す。戻り値の数は2つ増えて6つになる。         namuni:True => 気象要素の正式名称と単位を取り出す。戻り値の数は2つ増えて6つになる。
             False => 気象要素の正式名称を取り出さない。戻り値の数は4つ(気象値、時刻、緯度、経度)。             False => 気象要素の正式名称を取り出さない。戻り値の数は4つ(気象値、時刻、緯度、経度)。
py_scenalio.txt · 最終更新: 2018/11/12 22:11 by ohno