ユーザ用ツール

  • ようこそ: --- (---)

サイト用ツール


simplekml_issue

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

simplekml_issue [2017/11/24 07:34] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +simplekmlモジュールのインストール方法
 +
 + 本来は、simplekmlがPythonバージョン3.6に対応するのを待っていればよいのですが、そうもいかない場合は、以下の操作をしてください。
 +
 +1. Anaconda Prompt を管理者権限で起動する。
 +  * WindowsのメニューからAnaconda3 → Anaconda Prompt と開いて右クリックし、さらに、その他 → 管理者として実行 を選択して起動します。黒い窓が開き、しばらく待っているとウインドウの上端に文字列が表示されます。
 +
 +2. Anaconda Prompt に以下を入力してエンターキーを押す(結構時間がかかります)
 + conda create -n py35 python=3.5 anaconda
 +
 +3. 次に、以下を入力してエンターキーを押す。
 + activate py35
 +
 +4. 以下を入力して黒窓を終了する。
 + exit
 +
 +5. Anaconda Prompt(py35) が作られていることを確認。
 +  * WindowsのメニューからAnaconda3を開くと、今度は「Anaconda Prompt(py35)」というアプリが追加されているので、確認してください。
 +
 +6. Anaconda Prompt(py35) を管理者権限で起動する。
 +
 +7. 追加モジュールをインストールする。
 +  * Pytnonインストールマニュアルに従って、netcdf4、simplekml、palettableをインストールしなおします(3つ全部しなければなりません)。
 +
 +8. 最後に、以下を入力して黒窓を終了する。
 + exit
 +
 +[[start?#​新着情報|戻る]]
  
simplekml_issue.txt · 最終更新: 2017/11/24 07:34 (外部編集)