ユーザ用ツール

  • ようこそ: --- (---)

サイト用ツール


geodata

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
geodata [2018/03/30 08:18]
ohno [利用方法]
geodata [2018/07/03 02:22] (現在)
ohno [利用方法]
ライン 110: ライン 110:
  geo, lat, lon  = AMD.GetGeoData('​altitude', ​ [34.8, 36.7, 138.7, 140.8])  geo, lat, lon  = AMD.GetGeoData('​altitude', ​ [34.8, 36.7, 138.7, 140.8])
  ここで、**altitude**は標高データに付けられた記号で、**[34.8,​ 36.7, 138.7, 140.8]**は、データを読み出す緯度経度を設定する文字列で、'​[南端緯度、北端緯度、東端経度、西端経度]'​という形式です。\\  ここで、**altitude**は標高データに付けられた記号で、**[34.8,​ 36.7, 138.7, 140.8]**は、データを読み出す緯度経度を設定する文字列で、'​[南端緯度、北端緯度、東端経度、西端経度]'​という形式です。\\
- GetGeoData関数を利用するサンプルプログラム{{ :​sample_GetGeoData.py |}}も参考にしてください。 
  
 [[start#​メッシュの平均標高や都道府県範囲なども用意されています。|戻る]] [[start#​メッシュの平均標高や都道府県範囲なども用意されています。|戻る]]
geodata.txt · 最終更新: 2018/07/03 02:22 by ohno