ユーザ用ツール

  • ようこそ: --- (---)

サイト用ツール


start

農研機構 メッシュ農業気象データシステム

メッシュ農業気象データシステムシンボルマーク2.png

メッシュ農業気象データシステム(The Agro-Meteorological Grid Square Data, NARO)は、気象情報が農業現場で有効に活用されることを目指して、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が開発・運用する気象データサービスシステムです。全国の日別気象データを、約1km四方(基準地域メッシュ)を単位にオンデマンドで提供することができます。提供可能な気象要素は14種類で、提供可能な期間は1980年(一部2008年)1月1日から現在の1年後の12月31日までです。

メッシュ農業気象データの概要

メッシュ農業気象データシステム利用規約

  1. 農研機構は、農業分野や他の分野における研究・開発・教育・試用を目的とする者に、審査に基づきメッシュ農業気象データ(以下、「このデータ」と呼ぶ。)の利用を許可します。
  2. 特に許可されない限り、このデータを他に転載したり第三者に提供したりすることはできません。
  3. このデータを利用して作成した情報を販売することはできません。
  4. 利用者は、利用期間の終了後、速やかに利用報告をすることとします。
  5. 農研機構は、利用者がこのデータの利用によって生じた結果、ならびに、このデータが利用できないことによって生じた結果について、いかなる責任も負いません。
  6. このデータを利用して得た成果等を公表する場合は、「農研機構メッシュ農業気象データ(The Agro-Meteorological Grid Square Data, NARO)」を利用した旨を明記してください。引用の仕方について
  • ホームページを改装しました! トップページ(このページ)が煩雑になったためページを整理しました。サイトマップ(目次) より必要な項目をご確認ください。以前のページは こちら よりご覧になれます。(2019/7/4)


よくあるお問い合わせー

  • 利用申請をしたが、審査結果の通知が届かない
    • 新規利用申請の場合、審査に数日かかります。
    • まれに、こちらからの連絡用メールがspam判定されて不達になっている場合もあります。
    • 新規申請から1,2週間程度経っても通知が届かない場合、ログインページの「パスワードをお忘れの方はこちらから」より、登録されたユーザーIDとメールアドレスをご記入ください。すでに利用が許可されている場合は、新しいパスワードの通知が発送されます。
    • (下記の項目もご参照ください)
  • パスワード変更をしたが、新しいパスワードの通知が届かない
    • まれに、こちらからの連絡用メールがspam判定されて不達になっている場合があります。
    • 1~2分してもパスワードを通知するメールが届かない場合は、パスワード変更を再度お試しください。
  • 久しぶりに使おうとしたがログインできない
    • 上記 ログインページ の「パスワードをお忘れの方はこちら」よりお手続きください。
    • 年度をまたいだ場合は、以下の項目もご参照ください。
  • パスワード再発行画面で該当カウントが見つかりませんでしたと表示される
  • パスワード再発行画面で「ServerError(500)」と表示される
    • お使いのIDとパスワードが無効(有効期限切れ)になっています。
    • 登録時のパスワードは、翌年の3月末まで有効です。
    • この場合は改めて「新規利用登録」をお願いします。その際、以前のIDと同じものはお使いになれません。
    • 年度ごとに利用者ホームページより「利用報告」「継続利用申請」が必要です。次回の期限(年度末)までにメールでもご案内をお送りしております。忘れずにお手続きをお願いいたします。

サイトマップ(目次)

  • 利用やユーザー登録に関すること

運用情報・新着情報

運用情報

  • 現在、通常通り運用しています。

配信サービス

  • 現在、配信サービスは正常です。
  • 2020年8月20日(木)~8月24日(月) 3営業日:9:00-17:00の間に、本サイトについて、専門業者によるWebアプリ脆弱性診断が実施されます。期間中、接続しにくくなることがありますが、ご了承ください。

データについて

  • 現在、データは正常です。
  • 2008年12月21日はMSMデータが配信されていないため、これをベースに作られる湿度、風速が欠測しています。

新着情報

2020.07.29
1次メッシュ区切りデータ更新開始  AMD(通常のメッシュデータ)について、これまでのAreaごとのデータと共に、1次メッシュ区切りデータについても日々の更新を開始しました。

2020.06.01
令和2年度のメッシュ農業気象データ利用講習会は11月中旬を予定  今年度のメッシュ農業気象データ利用講習会は、農林水産技術会議事務局 筑波産学連携支援センター主催「農林交流センターワークショップ」として開催します。開催日は2020年11月中旬を予定しています。募集が開始されましたら、改めてご案内します。

2020.05.11
Python利用環境構築ガイドを掲載しました  最新版Anaconda3-2020.02(Python3.7)に対応しています。

2020.03.10
日射・日照時間予報適用(9日先まで)、MSM予報適用を当日-1日先に延長 日射量予報値およびこれに基づく日照時間予報値が搭載されました(当日-1日先:MSM、2日先-9日先:GSM)。併せて、MSM予報値の適用はこれまで当日のみでしたが、当日-1日先に延長されました。→予報期間と更新頻度・データソース

2020.01.31
新規利用申請受付停止  年度切り替え時期のため、2月1日-3月31日の間は新規利用申請受付を停止します。4月1日から再開しますので、ご了承ください。

2020.01.15
Python利用環境構築ガイドを掲載しました  Anaconda3-2019.10(Python3.7)に対応しています。

2019.12.28
メッシュ気候変化シナリオデータモデル追加  メッシュ気候変化シナリオデータに新たに3つの全球気候モデル(CSIRO-Mk3-6-0、GFDL-CM3、HadGEM2-ES)によるデータが追加されました。シナリオ数、気象要素、将来気象予測期間は既存のMIROC5、MARI-CGCM3と同様です。

2019.12.16
メッシュ気候変化シナリオデータ更新  メッシュ気候変化シナリオデータが更新されました。これまでお使いのデータについて、hisotricalも含めて全て再計算されていますので、更新をお願いします。また、新たに、湿度、日射、風速が追加され、 将来気象予測期間が2006~2100年に延長されました。

2019.11.21
新しい2週間ガイダンス適用  これまで、毎週火、金曜日に異常天候早期警戒情報(当日から10日目の予報値、7日平均値)が適用されていましたが、気象庁より日々2週間気温予報の配信が開始されたことから、メッシュ農業気象データについても、2019年11月21日の値よりこれを適用しました。予報値のうち、日平均気温、日最高気温、日最低気温、予報気温の確からしさについて、当日から10~13日目に適用されます。なお、この値はそれぞれの日を中心とする5日間の平均(5日移動平均)値となります。→予報期間と更新頻度・データソース

2019.07.04
ホームページを改装しました 以前のトップページは こちら からご覧になれます。

→ これ以前の新着情報



私たちがメッシュ農業気象データシステムを開発しています。


メッシュ農業気象データに関するお問い合わせは<MeshAdmin(at)ml.affrc.go.jp>までお願いいたします。

start.txt · 最終更新: 2020/08/03 01:39 by sasaki